1. HOME >
  2. コレクション >
  3. 板谷波山

コレクション

板谷波山

明治5年(1872)〜昭和38年(1963)
文化勲章受章(昭和28年)

茨城県下館市に生まれる。明治27年東京美術学校彫刻科卒業後、石川県工業学校に彫刻科教諭として赴任。彫刻科の廃止にともない陶磁科に移り、本格的な陶磁器の研究に着手した。明治36年上京、田端に居を構え、郷里の筑波山にちなんで「波山」と号し、陶芸家としての道を歩み始めた。貧窮の生活の中で窯を築き、明治39年初窯に成功し、翌年には東京勧業博覧会で三等賞を受賞。以後様々な展覧会・博覧会で入選・受賞を重ね、陶芸界での地位を不動のものとしていった。昭和2年帝展に美術工芸部門が設立されると審査員を務める一方、関東在住の陶芸家の団体である東陶会や茨城工芸会の結成に力を尽くすとともに、帝国美術院会員、帝室技芸員に推されるなど、近代日本の陶芸界で指導的な役割を果たした。波山の作品は、釉下彩(下絵付)による斬新なデザインの彩磁や波山創始として知られる葆光彩磁、見事な彫文様を活かした氷華磁や白磁、さらに青磁による作品など、いずれの作品も端正で格調高く、気品に満ちている。

葆光彩磁葡萄紋様花瓶
大正11年
彩磁延寿文花瓶
昭和前期
青磁鳳耳花瓶
昭和19年
 
葆光彩磁八ツ手葉花瓶
大正2年
茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.