1. HOME >
  2. コレクション >
  3. 金重陶陽

コレクション

金重陶陽

明治29年(1896)〜昭和42年(1967)
重要無形文化財「備前焼」保持者(昭和31年認定)

岡山県備前市に生まれる。生家は備前焼の窯元六姓の一つで、少年時代より父について修業した。大正末頃から桃山時代の古備前の作風を研究、その再現を志し、昭和5年頃からその土味を出すことに成功した。また茶道家元に入門して桃山の茶陶の美を追求する一方、北大路魯山人、川喜田半泥子、彫刻家イサム・ノグチらとも交流をもった。厳しくひたむきな穿力により備前焼の芸術的価値を高め、戦後の備前焼復興の基礎を築き、「備前焼中興の祖」と呼ばれている。

備前砧花入
昭和35年
茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.