1. HOME >
  2. コレクション >
  3. 楠部彌弌

コレクション

楠部彌弌

明治30年(1897)~昭和59年(1984)
文化勲章(昭和53年受章)

製陶業、陶器の貿易を営む父のもと京都に生まれる。大正4年京都市立陶磁器試験場付属伝習所を卒業後、因襲にとらわれない新たな作陶を目指し、同志たちと作陶家集団「赤土」を結成した。昭和2年、帝展に美術工芸部門が新設されて以降はここを舞台に個性的で新感覚にあふれた秀作を発表した。昭和12年頃生み出された独自の「彩埏(さいえん)」は晩年に至るまで楠部芸術を特徴づける技法として用いられたが、彩られた練り土によるレリーフ状の文様は、深みのある発色とやわらかな輪郭線をつくり出している。

楠部彌弌 彩埏春日花瓶
昭和50年代前半
茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.