1. HOME >
  2. コレクション >
  3. 三浦小平二

コレクション

三浦小平二

昭和8年(1938)〜平成18年(2006)
重要無形文化財「青磁」保持者(平成9年認定)

新潟県佐渡郡相川町に生まれる。生家は佐渡の無名異焼(むみょういやき)の陶家であり、幼い頃から父に陶芸技法の手ほどきを受けた。東京藝術大学彫刻科卒業後は加藤土師萌に師事、伝統的な陶芸技法を学んだ。南宋官窯の青磁を範とした陶胎による美しい二重貫入の生じた青磁と、青磁に色絵を組み合わせた磁胎による作品を生みだしたが、これら二つの傾向の作品は、青磁の世界に新境地を拓いたものとして高く評価されている。

青磁豆彩蓋物「曼荼羅文」
昭和62年
茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.