1. HOME >
  2. コレクション >
  3. 三輪壽雪(十一代三輪休雪)

コレクション

三輪壽雪(十一代三輪休雪)

明治43年(1910)〜
重要無形文化財「萩焼」保持者(昭和58年認定)

山口県萩市に生まれる。生家は江戸時代から御用窯としての伝統を継承してきた三輪窯。兄十代休雪について家法の伝統技法を修業、また川喜田半泥子に師事し、茶陶制作について学んだ。昭和30年頃から「休」と号して作家活動を始め、同42年十一代休雪を襲名した。その作風は伝統を受け継ぎながらも、大胆で斬新な造形感覚により茶陶の世界に新風をもたらすものであり、また、素地に粗目の土を用いた鬼萩茶碗、割高台茶碗の制作に独自の境地を示している。

鬼萩割高台茶碗
平成10年
茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.