1. HOME >
  2. コレクション >
  3. 塚本快示

コレクション

塚本快示

大正元年(1912)〜平成2年(1990)
重要無形文化財「白磁・青白磁」保持者(昭和58年認定)

岐阜県土岐市の代々製陶を業とする家に生まれる。昭和2年頃より父を助けて作陶生活に入る。戦後は日根野作三に師事してクラフト風の作品を制作する傍ら中国陶磁の研究を進めていたが、小山冨士夫と出会って後、研究の深まりとともに作品も洗練されていった。中国宋代定窯の白磁、北宋時代の「影青(いんちん)」を範とした作品を制作、また彫文様についても他の追随を許さないものがあった。

白瓷ベリーセット
昭和45年頃
茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.