1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. 人間国宝 荒川豊蔵

展覧会案内

人間国宝 荒川豊蔵 偶然か、宿命か‐志野にロマンを追い求めて

会期:平成20年4月19日(土曜日)〜6月22日(日曜日)

「志野」「瀬戸黒」の人間国宝、荒川豊蔵(明治27年〜昭和60年/1894〜1985)は、昭和を代表する陶芸家のひとりです。

岐阜県多治見出身の豊蔵は、京都宮永東山窯の工場長を経て、昭和2年(1927)北大路魯山人の星岡窯に勤めます。そして昭和5年(1930)、現在の可児市久々利大萱で、志野の筍絵筒茶碗の陶片を発見したことから、志野、黄瀬戸、瀬戸黒といった桃山時代のやきものが美濃(岐阜)産であることを実証し、以後、大萱に窯を築いて桃山の志野復興に生涯を費やします。昭和30年(1955)には国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、また昭和46年(1971)には文化勲章を受章しました。

本展では、初期から晩年にわたる志野、瀬戸黒、黄瀬戸などの代表作に加え、各地を訪れて制作した作品、書画や他の作家たちとの共作、さらに豊蔵が愛し範とした桃山陶などの古美術まで、あわせて約190点により、多彩な豊蔵芸術の全貌を紹介します。

《志野茶碗》 《黄瀬戸竹花入》 《志野筍絵陶片》
《志野茶碗》
昭和28年(1953)
五島美術館蔵
《黄瀬戸竹花入》
昭和33年(1958)
愛知県陶磁資料館蔵
《志野筍絵陶片》
桃山時代(16世紀)
豊蔵資料館蔵
《志野筍絵茶碗 銘 玉川》 乾山《色絵槍梅図茶碗》 荒川豊蔵《淡墨桜の図》
《志野筍絵茶碗 銘 玉川》
桃山時代(16世紀)
徳川美術館蔵
乾山
《色絵槍梅図茶碗》
江戸時代中期(17-18世紀)
MIHO MUSEUM蔵
荒川豊蔵
《淡墨桜の図》
昭和41年(1966)
荒川豊蔵《志野筍絵茶碗 銘 随縁》 荒川豊蔵《色絵千古の桜鉢》 荒川豊蔵作、奥村土牛絵《志野鶴の絵茶碗》
荒川豊蔵
《志野筍絵茶碗 銘 随縁》
昭和36/39年(1961/1964)
豊蔵資料館蔵
荒川豊蔵
《色絵千古の桜鉢》
昭和40年頃(c.1965)
清荒神清澄寺蔵
荒川豊蔵作、奥村土牛絵
《志野鶴の絵茶碗》
昭和40年(1965)
愛知県陶磁資料館蔵
荒川豊蔵《染付山水図飾皿 倣裏上玉堂》 荒川豊蔵《瀬戸黒金彩梅絵茶碗 銘 さきがけ》  
荒川豊蔵
《染付山水図飾皿 倣浦上玉堂》
昭和46年(1971)
豊蔵資料館蔵
荒川豊蔵
《瀬戸黒金彩梅絵茶碗 銘 さきがけ》
昭和38年(1963)
 
期間 平成20年4月19日(土)‐6月22日(日)
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日※ただし、4月28日、5月5日は開館、5月7日(水)休館。
主催 茨城県陶芸美術館/東京新聞
協賛 NEC
後援 NHK水戸放送局/茨城新聞社/笠間日動美術館
観覧料 一般700[550]円/高大生500[400]円/小中生250[200]円※[  ]内は、20名以上の団体料金。満70歳以上の方、障害者手帳・療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(1人まで)は無料。土曜日は高校生以下無料。
※県立美術館4館の共通年間パスポート(一般3,000円/高大生2,000円/小中生1,000円)4月より発売。

関連イベント

「笠間アートの春めぐり」開催中!

概要
笠間アートの春めぐり春風萬里荘または、笠間日動美術館のチケット半券で、茨城陶芸美術館「人間国宝 荒川豊藏」の入館料が団体料金になります。また、茨城陶芸美術館「人間国宝 荒川豊藏」のチケット半券で、春風萬里荘または、笠間日動美術館の入館料が100円割引になります!
期間
平成20年4月19日(土曜日)〜6月22日(日曜日)
詳細
笠間アートの春めぐりについて(PDF)

美術講演会

演題
「志野におもうこと」
講師
鈴木 藏(おさむ)氏(陶芸家、重要無形文化財「志野」保持者)
日時
平成20年5月10日(土曜日) 午後1時30分から(午後1時開場)
会場
当館1階多目的ホール
聴講無料 当日先着150名様
※事前申し込みは必要ありません。
※当日、聴講者多数の時には整理券を発行いたします。

笠間高校茶道部による呈茶

概要
「志野」「瀬戸黒」の人間国宝、荒川豊藏はたくさんの茶碗や水指などの茶器を制作しました。企画展の関連催事として、呈茶を実施いたします。今回は県立笠間高校の茶道部のみなさんにお手伝いいただきます。ぜひ、美術館で味わうお茶をお楽しみください。
日時
平成20年5月24日(土曜日) 午前10時30分から午後4時まで
(ただし、茶菓子などが無くなった時点で終了となります。)
定員
100名(当日先着順)
会場
当館地階オープンギャラリー

ギャラリートーク

概要
展覧会担当の井野功一学芸員によるギャラリートークです。作品についての解説を聴きながら、展覧会をお楽しみください。
日時
平成20年4月26日(土曜日)、5月17日(土曜日)、6月1日(日曜日)
各日とも午後1時30分から(約45分間)
詳細
※参加には観覧券が必要となります。
※事前申し込みは必要ありません。

ワークショップ 「陶片発掘ツアー」

日時
志野筍絵陶片 桃山時代(16世紀) 豊藏資料館蔵平成20年6月7日(土曜日)午前9時30分から12時まで(※小雨決行)
対象
どなたでも
※小学3年生以下の児童は大人の方が同伴してください。
定員
30名 (申し込み先着順)
講師
茨城県工業技術センター窯業指導所 技師 久野亘央氏
持参する物
軍手等、小型のスコップまたは熊手、ビニール袋、水筒、虫除け
※汚れても気にならない服装でご参加ください。
集合場所
笠間市役所笠間支所(笠間市石井717)
※発掘場所は旧笠間焼窯跡です。
参加費
無料
※申し込みが必要です。
※事前に電話かFAXでお申し込みください。
募集開始
平成20年4月19日(土曜日)〜
定員になり次第〆切させていただきます。
お申込
電話 0296-70-0011
FAX 0296-70-0012
「陶片発掘ツアー」FAX申込用紙ダウンロード (PDF)
茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.