1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. ガラスの植物学者 エミール・ガレ展

展覧会案内

ガラスの植物学者 エミール・ガレ展

会期:平成21年9月26日(土曜日)〜11月29日(日曜日)

エミール・ガレ展アール・ヌーヴォー芸術を代表するフランスの工芸家エミール・ガレ(1846-1904)は、ガラスのみならず陶器、家具という生活全般にわたる分野を手掛け、後世に大きな影響を及ぼしました。ガレの生みだした作品は、19世紀後半のヨーロッパで隆盛をきわめた異国趣味やジャポニスム、自然主義や象徴主義、また植物学など多くの要素が複雑に絡み合い、この時代の精神を伝えています。  自然の中に息づく可憐な花々や昆虫をモチーフとし、ガラスの輝きの中に生命を封じ込めたようなガレの芸術は、多くの日本人を魅了してきました。今日、きわめて質の高い作品群が、日本国内のコレクションに集中していることは、自然に対するガレの深いまなざしへの共感を示すものといえるでしょう。  本展覧会では、国内有数のガレ・コレクションの中からガラス、陶器、家具などの名品約130点により、ガレ芸術の全貌を紹介します。

鶴首瓶〈蜻蛉〉 犬型陶器 ランプ〈蓮〉
《鶴首瓶〈蜻蛉〉》
1889年
サントリー美術館
撮影 藤森武
《犬型陶器》
1865-1890年代
ポーラ美術館
《ランプ〈蓮〉》
1902-1904年
北澤美術館
壺 〈ソテツ〉 セルヴィス・フロラル 花器〈松に鷹〉
《壺 〈ソテツ〉》
1903-1904年
サントリー美術館
(菊地コレクション)
撮影 藤森武
《セルヴィス・フロラル》
1881年頃 
松江北堀美術館
《花器〈松に鷹〉》
1890-1900年頃
北澤美術館
花器〈フランスの薔薇〉 装飾扇 〈1羽の雌鳥がやって来た、するとほら戦いに火がついた〉 テーブル〈蜻蛉〉
《花器〈フランスの薔薇〉》
1900年頃
飛騨高山美術館
《装飾扇 〈1羽の雌鳥がやって来た、するとほら戦いに火がついた〉 》
1878年
飛騨高山美術館
《テーブル〈蜻蛉〉》
1897年
飛騨高山美術館
期間 平成21年9月26日(土曜日)〜11月29日(日曜日)
休館日 月曜日
ただし10月12日(月曜日)、11月2日(月曜日)、11月23日(月曜日)は開館。
10月13日(火曜日)11月24日(火曜日)は休館。
主催 エミール・ガレ展実行委員会(茨城県教育委員会、茨城新聞社)
観覧料 一般1000[900]円/高大生800[700]円/小中生400[350]円 
( )内は、20名以上の団体料金及び前売券料金 満70歳以上の方、障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及び付き添いの方[ただし1人につき1人まで]は無料、土曜日は高校生以下無料  
なお、茨城新聞の販売店でも前売り券(一般900円/高大生700円/小中生350円)を販売中です。

美術講演会

演題
「エミール・ガレ 人と作品」
講師
土屋 良雄氏(サントリー美術館企画委員)
日時
平成21年10月10日(土曜日) 午後1時30分から(午後1時開場)
会場
当館1階多目的ホール
聴講無料 当日先着150名様
※当日、午前9時30分から整理券を配付いたします。
※電話、FAX等による事前予約はできませんのでご了承ください。

「ガラスの茶会 - ガレの陶器とともに」

日時
平成21年11月7日(土曜日) 午前11時から午後4時まで
呈茶券500円(先着80名)午前10時より販売開始
※ただし、呈茶券がなくなった時点で終了となります。
会場
当館地階オープンギャラリー
概要
ガレの陶器作品を間近に鑑賞しながら、笠間のガラス作家 迫 二郎(はざま じろう)氏のガラスの茶碗でお茶をお楽しみいただきます。
主催・協力
主催/茨城県陶芸美術館友の会・「笠間アートのまちめぐり」実行委員会
協力/松江北堀美術館

「ガラスでアクセサリーを作ろう」(フュージングによるアクセサリー作り)

日時
平成21年10月24日(土曜日)
午前の部10時30分から/午後の部1時30分から
定員
定員/各回20名
対象
小学校4年生以上
募集開始
9月26日(土曜日)午前9時30分から
概要
板ガラスやミルフィオリ(模様のついたガラスビーズ)を糊で貼付け、電気炉内で加熱することによりガラス同士をくっつけて作ります。
※参加には観覧券が必要となります。
協力
協力/笠間工芸の丘

ギャラリートーク

日時
平成21年10月17日(土曜日)
午後1時30分から(約1時間)
概要
企画展担当の花井 久穂 学芸員によるギャラリートークです。 作品についての解説を聴きながら、展覧会をお楽しみください。
※参加には観覧券が必要となります。
※事前申し込みは必要ありません。

笠間アートのまちめぐり

会期
平成21年9月16日(水曜日)〜11月29日(日曜日)
概要
笠間を楽しむシールラリー開催!(スタートはどの会場からでもOK!)
特典
ラリー参加者は2番目の会場から入館料を割引!
シールを全て集めると、各会場の次回展にペアでご招待!さらに抽選で笠間焼が当たるWチャンスも!
開催中、各館にて『野点茶会』開催。
詳細
詳しい内容は下記PDFをご覧ください。
→ 笠間アートのまちめぐり(PDF)

交通案内

電車 JR常磐線で上野〜友部駅(特急70分)友部駅から「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分 友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分。
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分 常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください

かさま観光周遊バス・電車の詳しい内容はアクセスガイドをご覧ください。
→ アクセスガイド

交通のご案内 笠間稲荷神社 笠間稲荷美術館 笠間日動美術館 春風萬里荘
茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.