1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. 企画展「ガレの陶芸 -世紀末の煌めき 昆虫・植物・ジャポニスム-」

展覧会案内

企画展「ガレの陶芸 -世紀末の煌めき 昆虫・植物・ジャポニスム-」

会期:2020年1月2日(木)〜3月8日(日)

 

第25回日本陶芸展

 

デザイン・技法の絶え間ない変化と、新たなスタイルへの変遷の魅力

本展は、アール・ヌーヴォーの巨匠エミール・ガレの陶芸に焦点をあて、初期の作品から 制作が佳境に入る1880年代後半の大作まで、約90点をまとめて紹介する貴重な機会です。ガレ商会のアート・ディレクター的存在として、昆虫や植物など身近な自然や、日本をはじめとする異国の文物を着想源に、ガラスや木工家具だけではなく、陶芸においても新しい芸術表現を生み出そうとしたガレの飽くなき創意と情熱を紹介します。

 

会期 2020年1月2日(木)〜3月8日(日)
会場 茨城県陶芸美術館
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(ただし、1月13日、2月24日は開館)、1月14日(火)、2月25日(火)
主催 茨城県陶芸美術館
観覧料 一般730(580)円/満70歳以上360(290)円/高大生520(420)円/小中生260(210)円
※(  )内は、20名以上の団体料金。
※障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料
※土曜日は高校生以下無料。
※2月22日(土)は70歳以上無料。

 

主な作品

花器 水仙文 1884年−1904年 個人蔵
花器 水仙文
1884年−1904年 個人蔵

花器 草花文 1889年−1904年 個人蔵
花器 草花文
1889年−1904年 個人蔵
花器 竹形 1877年頃−1904年 個人蔵
花器 竹形
1877年頃−1904年 個人蔵

小鉢 虫文 1889年−1904年 個人蔵
小鉢 虫文
1889年−1904年 個人蔵
小物入れ 蜻蛉形 1882年−1904年 個人蔵
小物入れ 蜻蛉形
1882年−1904年 個人蔵

花器 蝉文 1877年頃−1904年 個人蔵
花器 蝉文
1877年頃−1904年 個人蔵
植込鉢 瓢箪形 1877年頃−1904年 個人蔵
植込鉢 瓢箪形
1877年頃−1904年 個人蔵

関連催事

講演会「ガレの陶器制作をめぐって」

ガレ研究の専門家である山根郁信氏に、ガレの陶芸制作を中心に、ガラスや家具作品との関連に触れながらご講演いただきます。

日時
2月22日(日)13:30〜15:00
講師
山根郁信氏(美術史家)
場所
当館1階 多目的ホール
予約
不要
参加費
無料(展覧会をご覧いただく場合は、別途観覧料が必要となります)
定員
120名

新春茶会「植物やいきもの柄の道具で感じるガレの世界」

虫や花、いきもの柄のお茶碗を鑑賞し、使って楽しむお茶会です。

日時
2月15日(土)
1席目10:00〜 / 2席目11:00〜 / 3席目13:00〜 / 4席目14:00〜 / 5席目15:00〜
講師
海老澤宗香そうこう
場所
当館地下1階 オープンギャラリー
予約
電話またはFAXで申込(先着順)
1月2日(木)9:30より予約受付開始
参加費
500円
定員
各席10名(空き席がある場合は当日参加も可能です)

ギャラリートーク

担当学芸員が展覧会をご案内いたします。

日時
1月18日(土)・2月8日(土) 13:30〜
場所
当館地下1階 企画展示室
予約
不要
参加費
無料、観覧料にてご聴講いただけます。

関連ドキュメント

交通案内

電車 JR常磐線で上野駅〜友部駅(特急70分)友部駅から 「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分。友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分。
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分。
常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分。
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。
交通のご案内:周遊バスルートマップ
茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.