1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. 筑波大学所蔵 石井コレクション 東洋陶磁の華 -明・清・朝鮮・有田を中心に

展覧会案内

筑波大学所蔵 石井コレクション 東洋陶磁の華 -明・清・朝鮮・有田を中心に

会期:平成23年4月28日(木)~6月19日(日)

筑波大学所蔵石井コレクションの陶磁器約100点を紹介する展覧会。中国の宮廷のために焼かれた景徳鎮官窯の磁器や、古染付、呉須赤絵の民窯作品、朝鮮の白磁や粉青沙器、日本の古九谷や柿右衛門など、多彩な東洋陶磁の世界を紹介いたします。

筑波大学所蔵 石井コレクション 東洋陶磁の華 -明・清・朝鮮・有田を中心に
青花唐草文管耳瓶
清・乾隆年間(1736-1795)
「大清乾隆年製」銘

石井コレクションとは、株式会社図書館流通センター代表取締役会長石井昭氏から筑波大学に寄贈された絵画や陶磁器からなるコレクションです。本展では、その中から陶磁器を中心に約100点の作品を紹介します。

石井コレクションの陶磁器類は、12~19世紀までの中国や朝鮮、江戸~近代日本の陶磁器から成り立っています。そのなかには、17世紀中国の明時代に漳州窯でつくられた五彩をはじめ、明~清代に皇帝や宮廷向けにつくられた景徳鎮官窯の磁器や景徳鎮民窯で焼かれた古染付、朝鮮の白磁や粉青沙器、日本の古九谷や柿右衛門など、日本人に古くから愛され続けている作品が数多く見られます。

筑波大学に寄贈された貴重な美術品を展示・公開する機会となる本展は、筑波大学で芸術を学ぶ学生と美術館との協力連携によって東洋陶磁の魅力を紹介する試みです。

五彩双龍花卉文盤 夾彩蓮弁唐草文合子 青磁象嵌蓮百合文梅瓶
五彩双龍花卉文盤
明時代 17世紀 漳州窯
夾彩蓮弁唐草文合子
清・乾隆年間(18世紀) 景徳鎮窯
青磁象嵌蓮百合文梅瓶
朝鮮時代 15世紀
白磁祭器 色絵龍虎文輪花皿 色絵牡丹文大皿
白磁祭器
朝鮮時代 18-19世紀
色絵龍虎文輪花皿
江戸時代 17世紀
色絵牡丹文大皿
江戸時代 17世紀 有田
期間 平成23年4月28日(木)~6月19日(日)
主催 茨城県陶芸美術館
後援 茨城新聞社
協力 国立大学法人 筑波大学
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日 ただし、5月2日(月)は開館。
観覧料 一般700[550]円/高大生500[400]円/小中生250[200]円
※[ ]内は20名以上の団体料金。満70歳以上の方、障害者手帳・療育手帳をお持ちの方 及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。夏季休業期間を除く土曜日は 高校生以下無料。

美術講演会

タイトル
筑波大学所蔵石井コレクションの朝鮮陶磁
講師
片山まび氏(東京藝術大学美術学部芸術学科准教授)
日時
平成23年5月22日(日)  午後1時30分から
会場
当館1階多目的ホール(聴講無料)

ワークショップのご案内

タイトル
筑波大学陶磁研究室所属学生によるワークショップ
日時
平成23年6月11日(土) 午前10時-午後3時
協力
齋藤 敏寿准教授

ギャラリートーク

タイトル
筑波大学美術史研究室所属学生によるギャラリートーク
日時
5月8日(日) 14日(土) 15日(日) 28日(土) 6月4日(土) 5日(日)
それぞれ午後1時30分-
協力
寺門 臨太郎准教授

ギャラリートーク

タイトル
担当学芸員によるギャラリートーク
日時
平成23年5月7日(土) 午後1時30分-

交通案内

電車 JR常磐線で上野~友部駅(特急70分)友部駅から「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分 友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分、常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。

交通案内図

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.