1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. 国際交流基金コレクション 日本陶芸、世界を巡る

展覧会案内

国際交流基金コレクション 日本陶芸、世界を巡る

会期:平成24年4月21日(土曜日)〜6月17日(日曜日)

旅程68カ国168都市、日本初公開!!
この度当館では、独立行政法人国際交流基金が所蔵する、日本近代陶芸のコレクションの寄託を受けました。本展は、海外68カ国168都市で「伝統陶芸展」「クレイワーク展」として十数年にわたり巡回されたコレクションを、国内ではじめて紹介するものです。

北大路魯山人「雲錦手大鉢」
北大路魯山人「雲錦手大鉢」
昭和15-24(1940s)年頃 国際交流基金蔵

本展は、伝統と造形の2部構成となっており、第1部の「伝統」では重要無形文化財保持者(人間国宝)の富本憲吉、濱田庄司、清水卯一をはじめ、河井?次郎、北大路魯山人ら巨匠の作品を通して、伝統的な陶芸技法をもとに開花した陶表現の美を紹介します。

また第2部は、「造形」として戦後陶芸の造形的な動向を担った八木一夫や熊倉順吉、また森野泰明、三輪龍作ら現在活躍する作家の作品を紹介します。

河井 ?次郎「呉須花扁壺」 十五代 樂 吉左衛門「茶碗(鳳翔)」 三島 喜美代「PACKAGE 82-B」
河井 ?次郎
「呉須花扁壺」
昭和15-24(1940s)年頃
国際交流基金蔵
十五代 樂 吉左衛門
「茶碗(鳳翔)」
昭和62(1987)年
国際交流基金蔵
三島 喜美代
「PACKAGE 82-B」
昭和56(1981)年
国際交流基金蔵
荒木 高子「砂の聖書」 金子 潤「ダブルプレート」 十二代 今泉今右衛門「色鍋島八角更紗文額皿」
荒木 高子
「砂の聖書」
昭和54(1979)年
国際交流基金蔵
金子 潤
「ダブルプレート」
昭和54(1979)年
国際交流基金蔵
十二代 今泉今右衛門
「色鍋島八角更紗文額皿」
昭和52(1977)年
国際交流基金蔵
期間 平成24年4月21日(土)〜6月17日(日)
主催 茨城県陶芸美術館
後援 NHK水戸放送局・茨城新聞社
協力 独立行政法人 国際交流基金
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日ただし、4月30日(月)は開館。
観覧料 一般700[550]円/高大生500[400]円/小中生250[200]円
※[ ]内は20名以上の団体料金。
※満70歳以上の方、障害者手帳・療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※夏季休業期間を除く土曜日は高校生以下無料。

関連イベント

美術講演会「国際交流基金コレクションにちなんで
現代陶芸の形成-茨城県・笠間の新しい動向にふれて」

講師
金子賢治(当館館長)
日時
平成24年5月20日(日)午後1時30分から
会場
当館1階多目的ホール(聴講無料)
定員
150名(先着順)
※当日、午前9時30分より整理券を配付いたします。
電話・FAX等による事前予約はできませんのでご了承ください。

呈茶会

日時
平成24年6月3日(日)午前11時〜午後3時40分まで
定員
先着80名(当日呈茶券販売)
主催
茨城県陶芸美術館友の会
 
※詳しくはお問い合せください。

担当学芸員によるギャラリートーク

日時
平成24年5月12日(土)午後1時30分から
場所
地階企画展示室
 
※参加には当日の観覧券が必要になります。

交通案内

電車 JR常磐線で上野〜友部駅(特急70分)友部駅から「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員29名)で20分友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分、常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。

交通案内図

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.