1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. 没後10年 人間国宝 松井康成展

展覧会案内

没後10年 人間国宝 松井康成展

没後10年 人間国宝 松井康成展

 

会期:平成25年4月20日(土曜日)〜6月16日(日曜日)

織りなす模様 色彩シンフォニー
色の異なる土を組み合わせて成型し、同時に模様を作り上げる「練上手」の技法により、昭和生まれの陶芸家として初めて重要無形文化財保持者(人間国宝)となった松井康成(1927-2003)の没後10年の回顧展。

松井康成「練上玻璃光壺」
松井康成「練上玻璃光壺」
2001年
茨城県陶芸美術館蔵

昭和2年、長野県に生まれた松井康成は、30歳で茨城県笠間市にある月崇寺(げっそうじ)の住職となり、中国や日本の古陶磁研究ののち、練上の技法に絞って試行錯誤を重ね、独自の表現世界を創造しました。種類の異なる土の組み合わせは、収縮率などの違いから破損しやすいため、基本となる土を同じものとし、そこに少量でも鮮やかに発色する呈色剤を混ぜる「同根異色」の方法により、練上による表現の可能性を格段に拡げました。
本展は、線文様に代表される初期の練上作品に始まり、ロクロで内側から膨らませ表面に亀裂を誘う「嘯裂(しょうれつ)」から、磁器に近い土の組成と硬質な輝きを特徴とする晩年の「玻璃光(はりこう)」に至るまで、多彩な展開を示した松井康成の壮大な芸術世界を代表作約100点により紹介する展覧会です。 

【展示構成】
 出品総数 103点
 ※会場の都合により、若干点数が変わることがございます。予めご了承下さい。

「練上嘯裂文大壺」 「黄瀬戸壺」 「練上線文深鉢」
「練上嘯裂文大壺」
1979年
茨城県陶芸美術館蔵>
「黄瀬戸壺」
1960年
「練上線文深鉢」
1974年
「練上嘯裂文大壺(シルクロード)」 「練上地象裂文壺」 「堆瓷文方壺(春の松)」
「練上嘯裂文大壺(シルクロード)」
1981年
「練上地象裂文壺」
1980年
笠間稲荷美術館蔵
「堆瓷文方壺(春の松)」
1983年
東京国立近代美術館蔵
「練上風白地大壺(ロプノール)」 「晴白練上壺(潮)」 「萃瓷練上大壺(華華)」
「練上風白地大壺(ロプノール)」
1987年
茨城県陶芸美術館蔵
「晴白練上壺(潮)」
1989年
東京国立近代美術館蔵
「萃瓷練上大壺(華華)」
1983年
期間 平成25年4月20日(土)〜6月16日(日)
主催 茨城県陶芸美術館
後援 朝日新聞社水戸総局・茨城新聞社・NHK水戸放送局・笠間市・笠間市教育委員会・(社)笠間観光協会
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(4月29日(月)、5月6日(月)は開館。5月7日(火)は休館。)
観覧料 一般700[550]円/高大生500[400]円/小中生250[200]円
※[ ]内は20名以上の団体料金。
※満70歳以上の方、障害者手帳・療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※長期休業期間を除く土曜日は高校生以下無料。

関連イベント

美術講演会「練上の系譜‐康成から康陽へ」

松井康成の制作と作品について、長男であり陶芸家である松井康陽氏からお話を伺います。

講師
松井 康陽 氏(松井康成長男・陶芸家)
聞き手
金子 賢治(茨城県陶芸美術館長)
日時
平成25年5月18日(土)午後1時30分から(午後1時開場)
会場
当館1階多目的ホール(聴講無料)
定員
120名(先着順・当日整理券を発行)

※当日、午前9時30分より整理券を配付いたします。
電話、FAX等による事前予約はできませんのでご了承ください。

ワークショップ「練上技法に挑戦‐軽量粘土で練上作品をつくってみよう」

講師
当館職員(柳田高志 首席学芸主事)
日時
平成25年6月1日(土)
 午前の部:午前10時〜正午まで
 午後の部:午後1時30分〜午後3時30分まで
会場
当館地階オープンギャラリー
定員
各回20名(電話・FAXによる事前申込制・先着順)
参加費
500円(当日の企画展チケットが別途必要です。)

※電話・FAXによる事前申込制です。
先着順となりますので、定員になりしだい受付を終了させていただきます。ご了承ください。
【申込方法】
電話またはFAXでお申し込みください。
Tel:0296-70-0011 Fax:0296-70-0012
(1)参加希望日時
(2)参加者全員の氏名・年齢
(3)代表の方の郵便番号・住所・電話番号

 

担当学芸員によるギャラリートーク

講師
柳田高志(茨城県陶芸美術館 首席学芸主事)
日時
平成25年5月11日(土)午後1時30分から
場所
地階企画展示室
 
※参加には当日の観覧券が必要になります。

イベント情報PDFをダウンロード

交通案内

電車 JR常磐線で上野〜友部駅(特急70分)友部駅から「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分、常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。

交通案内図

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.