1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. 人間国宝 石黒宗麿のすべて

展覧会案内

人間国宝 石黒宗麿のすべて

陶に(あそ)んだ。陶を究めた。

 

会期:平成28年4月16日(土曜日)〜6月19日(日曜日)

最新の知見に基づく「鉄釉陶器」の人間国宝 石黒宗麿(1893-1968)の回顧展を開催いたします。
富山県に生まれた宗麿は、25歳のときに「稲葉天目」と称される中国宋代(12~13世紀)の窯変天目茶碗(現在、静嘉堂文庫美術館蔵・国宝)に感銘を受け、作陶を志したと語っています。宗麿は特定の師を持ちませんでしたが、昭和3年(1928)に京都へ移り住んで以降、中国の唐・宋時代の古陶磁を研究し、幅広い陶芸技法を体得していきました。
昭和11年(1936)、京都市北部の八瀬(やせ)に窯を移して以後はここを生涯の作陶の場とし、独創的な陶芸の世界を築き上げていきます。戦後はチョーク釉の新技法や、藍彩など低下度色釉を駆使した、従来どこにもなかった作品を創出。自由な気分と近代感覚に溢れた、斬新で品格ある作品を生み出し続けました。
昭和30年(1955)に重要無形文化財保持者(人間国宝)の制度が誕生すると、富本憲吉、濱田庄司、荒川豊藏と共に、陶芸界から最初の認定を受けています。 宗麿の本格的な回顧展として約20年ぶりとなる本展では、宗麿の陶芸作品124点と書画14点により、宗麿芸術の全貌を紹介します。また、宗麿が研究した中国唐・宋時代の古陶磁も併せて展示します。古陶磁を範としながらも、作家としての自分の表現を追求し続け、多彩な作品を生み出した石黒宗麿の芸術の魅力を感じていただければ幸いです。

人間国宝 石黒宗麿のすべて

 

 

会期 平成28年4月16日(土曜日)〜6月19日(日曜日)
会場 茨城県陶芸美術館 地下1階企画展示室
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(ただし、5月2日(月曜日)は開館)
主催 茨城県陶芸美術館/読売新聞社/美術館連絡協議会
協賛 ライオン/清水建設/大日本印刷/損保ジャパン日本興亜/日本テレビ放送網
協力 日本通運
観覧料 一般720(570)円/高大生510(410)円/小中生260(210)円 
※(  )内は、20名以上の団体料金。
※満70歳以上の方、障害者手帳、療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※土曜日は高校生以下無料。

主な作品

彩瓷柿文壺 1959-61年 東京国立近代美術館蔵
彩瓷柿文壺
1959-61年
東京国立近代美術館蔵
白地鉄絵魚文扁壺 1941年頃 東京国立近代美術館蔵
白地鉄絵魚文扁壺
1941年頃
東京国立近代美術館蔵

辰砂鉄絵魚花文平鉢 1937-40年 個人蔵 撮影:竹本春二
辰砂鉄絵魚花文平鉢
1937-40年
個人蔵
撮影:竹本春二
白地チョーク描薔薇文鉢 1949-50年 個人蔵 撮影:小杉善和
白地チョーク描薔薇文鉢
1949-50年
個人蔵
撮影:小杉善和

鉄絵荒蕪文平鉢 1967年頃 愛知県陶磁美術館蔵
鉄絵荒蕪文平鉢
1967年頃
愛知県陶磁美術館蔵
黒釉線刻野牛文鉢 1949-50年 愛知県陶磁美術館蔵
黒釉線刻野牛文鉢
1949-50年
愛知県陶磁美術館蔵

失透釉鉄流文壺 1949-50年 富山県水墨美術館蔵
失透釉鉄流文壺
1949-50年
富山県水墨美術館蔵
赤絵水指 1966-67年 愛知県陶磁美術館蔵
赤絵水指
1966-67年
愛知県陶磁美術館蔵

関連催事

講演会「模倣と創造 石黒宗麿の仕事について」

開催日時
平成28年4月23日(土)13:30~15:00
場所
当館1階多目的ホール(聴講無料)
講師
小野公久氏(陶芸ジャーナリスト)
定員
120名(先着順)

講演会「石黒宗麿の造形美」

開催日時
平成28年5月14日(土)13:30~15:00
場所
当館1階多目的ホール(聴講無料)
講師
金子賢治(当館館長) ★スペシャルゲスト 林 恭助氏、五味謙二氏、今泉 毅氏★
定員
120名(先着順)

石黒宗麿・清水卯一・原清 人間国宝の作品に触れるタッチ&トーク【事前申込制】

開催日時
平成28年5月21日(土)
平成28年6月4日(土)
どちらも
午前の部 10:30〜11:30(10:00 受付開始)
午後の部 13:30〜14:30(13:00 受付開始)
場所
当館1階多目的ホール
定員及び
参加条件
各回とも高校生以上50名
※開催当日、受付の際に石黒宗麿展の企画展チケット (使用済みのものも可)をご提示いただきます。
申込開始日
平成28年4月20日(水) 午前9時より
申込方法
電話とFAXによる先着申込
申込の詳細はこちら(PDF:213KB)

ギャラリートーク

日時
平成28年5月7日(土)、6月11日(土) 各13:30~
その他
参加には企画展チケットが必要です。事前申込みはありません。

関連ドキュメント

交通案内

電車 JR常磐線で上野駅〜友部駅(特急70分)友部駅から 「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分。友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分。
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分。
常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分。
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。
交通のご案内:周遊バスルートマップ
茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.