1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. 伊藤公象1974-2009

展覧会案内

伊藤公象1974-2009 土の襞-多軟面体、褶曲、起土、焼凍土、木の肉・土の刃

会期:平成21年4月18日(土曜日)〜6月21日(日曜日)

伊藤公象(1932年生まれ、笠間在住)は、土の持つ特性や自然現象を活かした、陶造形によるインスタレーションで広く知られています。

金沢の彫金の家に生まれた伊藤公象は、十代の頃に九谷焼の窯元に弟子入りし修業を重ねました。しかしほどなくして陶工芸を離れ、人の作為をできるだけ抑える独自の造形世界を模索します。素材を土に絞り込むようになった72年、妻である造形作家、伊藤知香とともに笠間に居を構え、「美術工房桑土舎」(現・伊藤アトリエ)を設立。74年には北関東美術展に意欲作《多軟面体ブロック》を出品します。粘土を薄くスライスしたものを即興的に手でまるめ、有機的なフォルムをそのままに焼成する「多軟面体」は、それまでの陶工芸とは一線を画す造形として、大きな反響を呼びました。その後78年にはインド・トリエンナーレに参加しゴールド・メダルを受賞、84年のヴェネツィア・ビエンナーレにおいては何百個という陶のパーツを床面に敷き詰める展示に注目が集まりました。活躍の場は一挙に世界へと広がり、現代美術の作家として国際舞台で高い評価を獲得していくのです。

本展は、作家本人が所蔵する主要作品を核に、美術館所蔵の各時代、シリーズの代表作を加えて、伊藤公象の全貌を紹介する回顧展です。人為を抑え、有機的な造形美を追求し続ける伊藤公象の作品の数々は、自然と人間との関係性が問われる21世紀の時代において、多くの示唆と根源的な問いを投げかけてくることでしょう。

木の肉・土の刃II 木の肉・土の刃 土の襞
木の肉・土の刃II
(1993)
愛知県美術館蔵
Photo:内田芳孝
木の肉・土の刃
(1991)
高松市美術館蔵
Photo:内田芳孝
土の襞
(2008)
常陽つくばビル
Photo:内田芳孝
シリーズ土の襞・踊る焼凍土 アルミナのエロス(白い固形は・・・)
シリーズ土の襞・踊る焼凍土
(2008)
作家蔵
Photo:柳場大
アルミナのエロス(白い固形は・・・)
(1984)
東京都現代美術館
Photo:内田芳孝
期間 平成21年4月18日(土曜日)〜6月21日(日曜日)
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日[ただし5月4日(月曜日)は開館、5月7日(木曜日)休館]
主催 茨城県陶芸美術館、読売新聞東京本社、美術館連絡協議会
協賛 ライオン、清水建設、大日本印刷
後援 NHK水戸放送局、茨城新聞社
助成 財団法人 地域創造
観覧料 一般700[550]円/高大生500[400]円/小中生250[200]円 
※[  ]内は、20名以上の団体料金。
※満70歳以上の方、障害者手帳・療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(1人まで)は無料。
※土曜日は高校生以下無料。
お問い合わせ 0296-70-0011

関連イベント

対談「笠間と伊藤公象」

概要
伊藤公象(作家)、竹内順一(茨城県陶芸美術館長)による対談
日時
平成21年5月10日(日曜日) 午後1時30分〜
定員
先着150名 ※当日、午前9時30分から整理券を配付いたします。電話・FAX等による事前予約はできませんのでご了承下さい。
会場
当館1階多目的ホール
聴講料金
無料

作家によるワークショップ

日時
平成21年4月26日(日曜日)、5月30日(土曜日)10:00〜3:00
対象
どなたでも参加できます。※小学3年以下の児童は大人の方が同伴してください。
詳細
たたら板を用いた陶芸制作の方法を体験し、伊藤公象先生とコラボレーション作品を制作します。できあがった作品は会期中玄関前に展示します。作品の一部は記念に後日お渡しします。
定員
先着20名
持ち物
お昼の時間にかかりますので、お弁当などをご用意ください。
参加費
無料
申込方法
電話かファックスで事前にお申し込みください。

作家によるギャラリートーク

日時
平成21年4月24日(金曜日) 午後1時30分〜
詳細
※参加には観覧券が必要となります。

学芸員によるギャラリートーク

日時
平成21年5月16日(土曜日)、5月22日(金曜日) 午後1時30分〜
詳細
※参加には観覧券が必要となります。

交通案内

電車 JR常磐線で上野駅〜友部駅(特急70分)友部駅から 「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分。友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分。
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分。常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分。
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。
※陶炎祭(4月29日〜5月5日)の期間中は駐車場が有料となりますが、展覧会をご覧いただく方には美術館受付で返金いたします。

交通案内図

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.