1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. テーマ展「進化する磁器」

展覧会案内

テーマ展「進化する磁器」

平成29年2月22日(水)〜6月18日(日)

 

磁器は、陶石と呼ばれる石を粉状に砕き、粘土状にした磁土からつくられます。きめが細かく、不純物のない素地の白さが特徴ですが、反面、成形には熟練した技術を要し、完成時の傷や汚れを嫌うなど、制作には常に困難が伴います。しかし近年は、そうした難しさにも関わらず、自身の表現の素材として磁器を選ぶ作家が多くなっています。
本展では、現代作家の磁器の表現を、1980~90年代と、2000年代以降の、2章に分けてご紹介します。泥漿(泥状の磁土)を型に流し込んで造形作品をつくる、器胎を削り出すことで理想のラインを生み出す、さらには、細かな造形が可能な磁土の特性を生かし、微細なパーツを組み合わせて密度高く装飾を施した作品など、磁土ならではの特性や制作プロセスを応用してつくられた、現代感覚あふれる作品の数々をご紹介します。

テーマ展「進化する磁器」

 

テーマ展「進化する磁器」

深見陶治 瞬Ⅱ
1998年 当館蔵

テーマ展「進化する磁器」

和田的 白器 記憶
2016年 個人蔵

テーマ展「進化する磁器」

佐藤典克 白磁大鉢
~縒器(よりき)~

2014年 当館蔵

テーマ展「進化する磁器」

出和絵理 Forest
2016年 個人蔵

©Takeru KORODA /「5Rooms-感覚を開く5つの個展」
神奈川県民ホールギャラリー 2016年

テーマ展「進化する磁器」

冨川秋子 氷青釉鉢―氷解く―
2012年 当館蔵

テーマ展「進化する磁器」

星野友幸 練継花器
2013年 当館蔵

テーマ展「進化する磁器」

中田博士 真珠光彩壺
2015年 当館蔵

テーマ展「進化する磁器」

中田雅巳 SEN
各2016年 当館蔵

 

会期 平成29年2月22日(水)〜6月18日(日)
会場 茨城県陶芸美術館 第2展示室
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(ただし、祝日の場合は開館し、翌日休館)
観覧料 一般310[260]円/高大生260[210]円/小中生150[120]円 
※[  ]内は、20名以上の団体料金。
※満70歳以上の方、障害者手帳、療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料
※土曜日は高校生以下無料(長期休業日にあたる時を除く)。

交通案内

電車 JR常磐線で上野駅〜友部駅(特急70分)友部駅から 「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分。友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分。
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分。
常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分。
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。

交通案内図

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.