1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. 日本遺産認定記念「かさましこ~兄弟産地が紡ぐ“焼き物語”~」展

展覧会案内

日本遺産認定記念「かさましこ~兄弟産地が紡ぐ“焼き物語”~」展

会期:2021年1月2日(土)〜1月31日(日)

 

「かさましこ~兄弟産地が紡ぐ“焼き物語”~」展

 

日本遺産は、地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定する制度です。ストーリーの構成要素となる地域の魅力ある有形・無形の文化財群を総合的に整備・活用し、国内外に発信することにより、地域の活性化を図ることを目的としており、2020(令和2)年までに合計104のストーリーが認定されました。

今年度、茨城県笠間市と栃木県益子町の二大窯業地が申請した「かさましこ~兄弟産地が紡ぐ“焼き物語”~」が日本遺産に認定されたことを記念して、笠間市・益子町・茨城県陶芸美術館の主催により県民ギャラリーでの展覧会を開催いたします。本展は、日本遺産や認定ストーリー等の内容を広報周知する機会とするとともに、認定地域の官民が協働し日本遺産を活用する地域活性化の取り組みを進めていくため、地元住民意識の高揚を図ることを目的とします。

展示は二部構成となり、第一部は笠間市・益子町によるパネル展示、第二部は笠間市と益子町を中心に現在活躍中の茨城県在住と栃木県在住の作家合計38人の陶芸作品展示を行い、伝統工芸、オブジェ、生活の器といった作品を通して笠間と益子の焼き物の多様な展開を紹介いたします。

茨城
阿部慎太朗 飯沼耕市 伊藤公象 井上英基 井上雅之 大野佳典 グラハム・マクアリスタ Keicondo
五味謙二 佐藤雅之 澤田勇人 島﨑小乙里 鈴木麻起子 鈴木美汐 須藤訓史 滝沢三奈子 田崎太郎 寺本守
額賀章夫 根本峻吾 羽石修二 福野道隆 船串篤司 穂髙隆児 (24名)

栃木
井口大輔 伊藤剛俊 岩下宗晶 宇佐美成治 斉藤ダイスケ 島田東秋 武田敏彦 竹之内太郎 田代倫章 早川嘉
藤原彩人 我妻淳 若菜綾子 渡辺キエ (14名)

 

会期 2021年1月2日(土)〜1月31日(日)
会場 茨城県陶芸美術館 2階県民ギャラリー
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(ただし1月11日は開館)、1月12日(火)
主催 笠間市・益子町・茨城県陶芸美術館
観覧料 無料

 

主な作品

塩釉マグカップ・塩釉ティーポット・塩釉薬瓶
グラハム・マクアリスタ
塩釉マグカップ 2017年 個人蔵
塩釉ティーポット 2011年 個人蔵
塩釉薬瓶 2018年 茨城県陶芸美術館蔵
青白磁輪花高台皿・青白磁酒器揃
我妻淳
青白磁輪花高台皿 2018年
青白磁酒器揃 2018年
ともに茨城県陶芸美術館蔵
写真協力:益子陶芸美術館

渦
須藤訓史
押点文鉢「渦」2016年
茨城県陶芸美術館蔵
茜織彩鉢
早川嘉
茜織彩鉢 2018年
個人蔵

シサ
五味謙二
Shi-tou「シサ」2019年
個人蔵
©毎日新聞社
茶器揃
藤原彩人
立像―雲は溶け、地に固まる―#B(部分) 2013年
個人蔵

同時開催企画展

交通案内

電車 JR常磐線で上野駅〜友部駅(特急70分)友部駅から 「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分。友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分。
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分。
常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分。
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。
交通のご案内:周遊バスルートマップ
茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.