1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. 世界に誇る和製テーブルウェア オールドノリタケと懐かしの洋食器

展覧会案内

世界に誇る和製テーブルウェア オールドノリタケと懐かしの洋食器

会期:平成20年9月27日(土曜日)~11月16日(日曜日)

オールドノリタケと懐かしの洋食器2008年は、日本が鎖国を解きヨーロッパ諸国と修好通商条約を集結して150年目にあたります。貿易によってもたらされた西洋の文物は、日本人の生活スタイルに変化を与えました。やがて鹿鳴館に象徴される西洋文化の導入とともに、ヨーロッパ製陶を学ぶ時代が到来し、有田をはじめ、京都、瀬戸、横浜で和製の洋食器が作られるようになりました。以後、日本の洋食器は試行錯誤をしながら発展を続け、次第にノリタケを中心とした日本の輸出陶磁が、欧米で一世を風靡するに至りました。しかし、「NIPPON」と呼ばれたそれらの輸出陶磁の多くは、欧米人の好みにあわせたもので、日本国内向けのデザインではありませんでした。

一方国内では、大正から昭和初期にかけての都市部で、カフェーや洋食屋、デパートがハイカラな生活スタイルを提供しはじめ、それまでの欧米人好みの輸出陶磁とは違う、わが国ならではの和洋融合のデザインを生み出しました。名実ともに〈日本独自の洋食器〉が花開くこととなったのです。

本展は、明治から大正期におけるオールドノリタケなど輸出陶磁を概観した上で、わが国における洋食器文化発展の軌跡を追います。世に大正ロマン、昭和モダンと言われ、日本人の好むデザインへと発展した洋風陶磁器を一堂に会し回顧する、わが国初の本格的な展覧会です。守屋コレクションを中心に200点余りの和製テーブルウェアの華麗なる変遷をご堪能下さい。

《オウム彫像付蓋物》 《オリーブ文鉢》 《幾何文蓋物》
《オウム彫像付蓋物》
日本陶器
大正末~昭和初期
守屋コレクション
《オリーブ文鉢》
日本陶器
大正7~昭和5年頃(1918~30年頃)
守屋コレクション
《幾何文蓋物》
日本陶器
大正末~昭和初期
守屋コレクション
《少女文コンポート》 《帆船文蓋付飾壷》 《蝶文鉢》
《少女文コンポート》
日本陶器
大正7~昭和5年頃(1918~30年頃)
守屋コレクション
《帆船文蓋付飾壷》
日本陶器
明治41~大正15年(1908~26年)
守屋コレクション
《蝶文鉢》
日本陶器
明治44~大正10年(1911~21年)
守屋コレクション
《ひまわり文デミタスセット》 《幾何文皿・マヨネーズセット》 《松文ティーセットよりポット、砂糖入れ、碗皿》
《ひまわり文デミタスセット》
東洋陶器
大正末~昭和初期
守屋コレクション
《幾何文皿・マヨネーズセット》
日本陶器
大正7~昭和15年頃
(1918~40年頃)
守屋コレクション
《松文ティーセットより
ポット、砂糖入れ、碗皿》
日本陶器
昭和15~20年(1940~45年)
守屋コレクション
《婦人彫像化粧セット》 《花鳥文碗皿》
《婦人彫像化粧セット》
日本陶器
大正7~昭和5年頃
(1918~30年頃)
守屋コレクション
《花鳥文碗皿》
窯印「肥碟山深川造」
幕末~明治初期(1860~70年頃)
守屋コレクション
期間 平成20年9月27日(土曜日)~11月16日(日曜日)
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日
※ただし、10月14日(火曜日)は休館、10月13日(月曜日)、11月3日(月曜日)は開館。
主催 茨城県陶芸美術館
後援 NHK水戸放送局/茨城新聞社/笠間日動美術館
企画協力 アートプランニングレイ
観覧料 一般600[500]円/高大生450[350]円/小中生250[200]円
※[ ]内は20名以上の団体料金。
※満70歳以上の方、障害者手帳・療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※11月13日(木曜日)茨城県民の日は全ての入館者無料。
お問い合わせ 0296-70-0011

関連イベント

美術講演会 「海を越えた明治のロマンと日本の洋食器文化の開花」

日時
平成20年10月11日(土曜日)
午後1時30分から 当館1階多目的ホール(聴講無料)
講師
鈴木潔氏(本展監修者、北澤美術館学芸部長)守屋知子氏(守屋コレクションオーナー)
詳細
※事前申し込みは必要ありません。当日、整理券を発行いたします。

デザインコンクール 「華麗に彩る和製ディナーウェア」

募集期間
平成20年9月27日(土曜日)~10月25日(土曜日)
絵付け
11月8日(土曜日)コンクール入賞者(15名予定)
表彰式
11月16日(日曜日)
協力
土橋 美智子氏(絵付け指導)/茨城県工業技術センター窯業指導所(焼成)
概要
応募用紙にディナー皿のデザインを描き、コンクールに応募した方の中から、入賞者には自分のデザインを素焼きのディナー皿に絵付けしていただきます。焼成後、表彰式で完成品をお渡しします。
応募方法
応募用紙はセルフガイドに付いています。
または下記PDFをダウンロードしてお使いください。
→ 応募用紙ダウンロード(PDF)
詳細
※応募用紙を印刷するときの注意
たて×よこ:約18cm×約14cm(18.1×14.2)になるように印刷してください。
裏面に住所電話番号学校名と学年を必ず記入してください。

ギャラリートーク

日時
平成20年9月27日(土曜日)、10月5日(日曜日)
各日とも午後1時30分から(約50分間)
概要
企画展担当の柳田高志によるギャラリートークです。解説を聞きながら展覧会をより深くお楽しみください。
詳細
※参加には観覧券が必要となります。事前申し込みは必要ありません。

笠間アートのまちめぐり 世界のアート展in笠間―フジタ、ノリタケ、雪村

会期
平成20年9月13日(土曜日)~11月30日(日曜日)
概要
笠間を楽しむシールラリー開催!(スタートはどの会場からでもOK!)
特典
国文際ラリー参加者は2番目の会場から入館料を割引!
シールを全て集めると、各会場の次回展にペアでご招待!さらに抽選で笠間焼が当たるWチャンスも!
詳細
詳しい内容は下記PDFをご覧ください。
→ 笠間アートのまちめぐり(PDF)

交通案内

電車 JR常磐線で上野~友部駅(特急70分)友部駅から 「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で15分。友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車。笠間駅からタクシーを利用して5分。
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分。常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分。
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。

交通案内図

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.