1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. 華麗なるノリタケの挑戦-オールドノリタケから現代のマスターピースコレクションへ-

展覧会案内

華麗なるノリタケの挑戦-オールドノリタケから現代のマスターピースコレクションへ-

会期:平成28年10月1日(土)~12月11日(日)

 

華麗なるノリタケの挑戦

 

「ノリタケ」の名で広く知られるノリタケカンパニーリミテドの起源は、森村市左衛門と豊兄弟が明治初期にはじめた日米貿易にさかのぼります。1876年(明治9)、二人は東京銀座に「森村組」を創業、同年豊は渡米しニューヨークに友人らと「日の出商会」を設立、森村組が輸出する日本の骨董品や陶磁器類など雑貨品の販売を手がけました。1878年(明治11)、豊は独立して「日の出商会モリムラブラザーズ(後のモリムラブラザーズ)」を新たに設立、森村組のアメリカにおける販売拠点として陶磁器を主力商品に業績を拡大していき、オリジナルの陶磁器作りも始めました。

森村組はアメリカでの需要に応えるため、瀬戸の窯元から仕入れた素地に、各地の優れた画工に画付けさせた陶磁器を輸出していましたが、やがてそのデザインを日本風のものからアメリカ人好みの西洋風へと転換。さらにニューヨークに図案部を新設して日本からデザイナーを送り、現地の流行に直接触れながらデザインを描かせ、それを日本の森村組が製品にして輸出するというシステムを確立します。

こうして事業を拡大した森村組は1904年(明治37)、名古屋「則武のりたけ」の地に、素地の製造から画付けまでを手がける本格的な洋食器の製造をめざして「日本陶器合名会社」を創立、近代的な工場を建設しました。以後今日まで、地名を冠した「ノリタケチャイナ」は世界中に輸出されるとともに、日本の洋食器産業をリードし続けています。

本展では、株式会社ノリタケカンパニーリミテド(1981年「日本陶器」から社名変更)の特別協力のもと、今日オールドノリタケとして知られる明治~大正期の輸出用の華麗な花瓶や飾皿、そのデザイン画をはじめ、時代とともに変遷する様々なテーブルウェア、そして現代の粋を凝らしたマスターピースコレクションまで、110年にわたり続けられているその華麗なる挑戦の歩みを、同社所蔵品により紹介します。

 

会期 平成28年10月1日(土)~12月11日(日)
会場 茨城県陶芸美術館 地階企画展示室
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(ただし10月10日(月)は開館、翌11日(火)休館)
主催 茨城県陶芸美術館
特別協力 (株)ノリタケカンパニーリミテド
観覧料 一般820(670)円/高大生620(510)円/小中生310(260)円
※(  )内は、20名以上の団体料金。
※満70歳以上の方、障害者手帳、療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※土曜日は高校生以下無料。

【県北芸術祭相互割引】

県北芸術祭のパスポートをご提示いただいた方は、本展を団体割引料金でご覧になれます。
また本展チケットをご提示いただくと、県北芸術祭のパスポートを前売料金で購入できます。

 

主な作品

色絵金盛薔薇風景文蓋付飾壺
色絵金盛薔薇風景文蓋付飾壺
1891-1921年 ※
色絵エナメル金盛婦人文飾壺
色絵エナメル金盛婦人文飾壺
1891-1921年 ※
色絵花文飾壺(林 直三:画)
色絵花文飾壺(林 直三:画)
1927年

色絵盛上薔薇文双耳花瓶
色絵盛上薔薇文双耳花瓶 1891-1921年 ※
色絵盛上薔薇文双耳花瓶
色絵盛上薔薇文双耳花瓶 1891-1921年

色絵花鳥文ティーセット
色絵花鳥文ティーセット 1920-1930年
マスターピースコレクション ティーセット「Queen's Garden」
マスターピースコレクション ティーセット「Queen's Garden」2011年

デザイン画帖
デザイン画帖 1905-1906年
色絵盛上薔薇文双耳花瓶
色絵盛上薔薇文双耳花瓶 1891-1921年

作品はすべて(株)ノリタケカンパニーリミテド蔵
※は画像提供:出雲文化伝承館

関連催事

講演会「ノリタケ110年のあゆみ」

開催日時
平成28年10月22日(土) 13:30~15:00
場所
当館1階多目的ホール(聴講無料)
講師
中井宏美氏(ノリタケミュージアム学芸員)
定員
120名(先着順)

ワークショップ「マグカップに切り絵!? 転写紙絵付に挑戦しよう」(事前申込制)

陶磁器の絵付けに使われる転写紙を切って貼り付け、オリジナル模様のマグカップを作るワークショップ。作品は終了後焼成し、各参加者へ直接送付。

開催日時
平成28年10月23日(日)
午前の部 10:00~11:45 午後の部 13:00~14:45
場所
当館地下1階オープンギャラリー
講師
中井宏美氏(ノリタケミュージアム学芸員)
定員
各回とも20名 対象:小学生から大人まで
参加費等
1800円(焼成後の送料含む)及び企画展チケット
申込方法
電話またはFAXにて事前申込(先着順)
申込開始日
9月21日(木)9:00~ 申込用紙をダウンロード(PDF:366KB)

親子で楽しむギャラリートーク

※展覧会チケットが必要です。

日時
平成28年11月5日(土)・11月26日(土) 各13:30~
内容
担当学芸員が展覧会をご案内します。

関連リンク

関連ドキュメント

交通案内

電車 JR常磐線で上野駅〜友部駅(特急70分)友部駅から 「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分。友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分。
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分。
常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分。
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。
※会期中、芸術の森公園内でイベントがある場合は駐車場が有料となりますが、展覧会をご覧いただく方は美術館受付で領収書と引き換えに返金します。
交通のご案内:周遊バスルートマップ
茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.