1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. THE KASAMA ルーツと展開

展覧会案内

THE KASAMA ルーツと展開

会期:平成22年4月17日(土曜日)〜6月20日(日曜日)

THE KASAMA江戸時代の後期、安永年間(1772〜1780)、笠間に窯業の火が灯りました。以来、笠間は約230年後の今日まで関東最古のやきものの産地として営々と操業を続けてきました。全国的に見れば、信楽や丹波など1000年以上の歴史を持つ産地に比べ、まだまだ若い産地と言えます。しかし、その始まりには諸説あるなど、謎も多いやきものでもあります。

また、現在の笠間は自由な雰囲気と大都市に近いという利点から、いち早く作家達の里として転換を図り、全国各地や海外から陶芸を志す若い世代が集まりました。こうして「地方色」や「伝統」から解き放たれ、笠間は新たな産地の様相を呈してきました。一方で笠間で採れる陶土や釉薬の研究を重ねつつ、モダンな解釈を加え、新たな「笠間焼」を追求する作家や窯元の姿も見られます。

開館10周年を記念する本展は、「ルーツ編」で、信楽、相馬、益子といった笠間焼に縁のある他産地との比較からそのルーツを探ると共に、「展開編」では、県内を中心に活躍を続ける114人の陶芸家の作品により茨城陶芸の「今」を紹介します。

鶴首瓶〈蜻蛉〉 犬型陶器 ランプ〈蓮〉
《信楽焼 青簾壺》
江戸後期〜明治
滋賀県立陶芸の森蔵
《笠間焼 糠白釉二彩流掛火鉢》
明治
個人蔵
《益子焼 黒釉青流文茶壺》
明治
益子陶芸美術館蔵
壺 〈ソテツ〉 セルヴィス・フロラル 花器〈松に鷹〉
《伊藤公象 JEWELの襞》
2010年
個人蔵
《荒田耕治 緑藻釉幾何紋様花瓶》
2004年
個人蔵
《伊藤東彦 布目梅文水指》
2007年
個人蔵
期間 平成22年4月17日(土曜日)〜6月20日(日曜日)
休館日 月曜日(ただし、5月3日<憲法記念日>は開館、5月6日休館)
主催 茨城県陶芸美術館
観覧料 一般700[550]円/高大生500[400]円/小中生[250]200円
※[ ]内は20名以上の団体料金。満70歳以上の方、障害者手帳・療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。 本展覧会会期中の土曜日は高校生以下無料。

シンポジウム「THE KASAMA ‐笠間で、茨城で、やきものを作るということ‐」

パネリスト
荒田 耕治 氏(陶芸家)
磯部 幸克 氏(いそべ陶苑代表取締役・伝統工芸士)
鷺野谷 昇 氏(前茨城県工業技術センター窯業指導所長)
冨増 純一 氏(信楽伝統工芸士会会長)
河野 真理子 氏(旧新橋停車場鉄道歴史展示室 学芸員)
日時
6月13日(日曜日)午後1時30分から午後3時30分まで(午後1時開場)
会場
当館1階多目的ホール(聴講無料)
定員
当日先着150名様
当日、午前9時30分から整理券を配付いたします。
電話、FAX等による事前予約はできませんのでご了承ください。

ワークショップ のご案内「蹴ロクロ、手回しロクロに挑戦!!」について

日時
平成22年5月22日(土曜日)
午前の部10時から/午後の部1時から
定員
各回とも20名(合計40名)
参加費
1,000円(材料費、焼成代として)
会場
工芸の丘 工房・匠
対象
どなたでも参加できます。
※小学3年生以下の児童は大人の方が同伴してください。
申し込み
※定員になりましたので、受付を終了いたしました。ありがとうございました。
詳細
※参加者の方は、当日開始時間までに、当館ロビーにお集まりください。

体験ツアーのご案内「笠間焼窯巡りツアー」について

会期
平成22年6月5日(土曜日)午前9時30分から午後2時
定員
30名参加費:500円(バス代・保険代として)、弁当持参
内容
笠間市内に残された登り窯や窯跡を巡り、最後に「笠間焼」の名付け親である田中友三郎窯の跡で 陶片を発掘する体験ツアー。
会場
久野陶園〜製陶ふくだ〜奥田製陶〜桧佐陶工房〜三宅陶園〜いそべ陶園〜田中友三郎窯跡
申し込み
※定員になりましたので、受付を終了いたしました。ありがとうございました。
詳細
※参加者の方は、当日開始時間までに、当館ロビーにお集まりください。

ギャラリートーク

日時
平成22年5月8日(土曜日)午後1時30分
会場
地階企画展示室および2階第2展示室
概要
企画展担当学芸員によるギャラリートークです。作品についての解説を聴きながら、展覧会をお楽しみください。
※参加には観覧券が必要となります。
※事前申し込みは必要ありません。

交通案内

電車 JR常磐線で上野〜友部駅(特急70分) 友部駅から「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分 友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分、常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。
※陶炎祭(4月29日〜5月5日)の期間中は駐車場が有料となりますが、展覧会をご覧いただく方には美術館受付で返金いたします。

交通案内図

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.