1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. 追悼 人間国宝 三代徳田八十吉展〜煌めく色彩の世界〜

展覧会案内

追悼 人間国宝 三代徳田八十吉展〜煌めく色彩の世界〜
宝石の輝きを九谷焼に‐

会期:平成23年9月23日(金曜日)〜11月27日(日曜日)

本展は人間国宝・三代徳田八十吉(1933-2009)の大回顧展です。八十吉は九谷焼の伝統的な色絵技法を発展させ、独自のグラデーション表現を生み出しました。本展では八十吉の初期から晩年までの代表作を紹介します。

三代 徳田八十吉展 耀彩壺「恒河」
三代 徳田八十吉展 耀彩壺「恒河」
2003年 小松市立博物館蔵

石川県小松市に生まれた三代八十吉は「上絵付(九谷)」で国の無形文化財に指定された祖父・初代八十吉から古九谷釉薬を、父・二代 八十吉からは、富本憲吉直伝の現代陶芸を学びました。伝統的な色絵技法に飽き足らず、「九谷焼は、中国の山水画、狩野派の花鳥絵など、その時代に合った絵を描いてきた。現代に生きる自分にとって魅力を感じるのは抽象画だ」と考え、研究を重ねます。徳田家に伝わる古九谷五彩の紺、紫、緑、黄、赤のうち、ガラス成分のない赤を除いた4色の釉薬から200以上もの中間色を創り出し、宝石のように煌めくグラデーション作品を発表しました。

本展では三代八十吉が修業時代に制作した古九谷様式の作品から、古稀記念で挑んだ直径70センチを超す大作群、そして最晩年の曲文・多面までの代表作品をご紹介します。また、三代八十吉の色やデザインの根源である古九谷、吉田屋の名品と、初代八十吉、二代八十吉の作品を併せて展示し、九谷焼の系譜をたどります。

三代 徳田八十吉 耀彩鉢「創生」 三代 徳田八十吉 耀彩壺「恒河」 三代 徳田八十吉 耀彩鉢「石畳」
三代 徳田八十吉
耀彩鉢「創生」
1991年 東京国立近代美術館蔵
三代 徳田八十吉
耀彩壺「恒河」
2006年
三代 徳田八十吉
耀彩鉢「石畳」
1989年
期間 平成23年9月23日(金・祝)〜11月27日(日)
主催 茨城県陶芸美術館・朝日新聞社
後援 石川県・小松市・加賀市・能美市・NHK水戸放送局・茨城新聞社
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日
ただし、10月10日(月・祝)、11月21日(月)は開館し、10月11日(火)は休館。
観覧料 一般700[550]円/高大生500[400]円/小中生250[200]円
※[ ]内は20名以上の団体料金。
※満70歳以上の方、障害者手帳・療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※夏季休業期間を除く土曜日は高校生以下無料。

関連イベント

美術講演と対談「伝統の中の独自性」

講師
四代 徳田八十吉氏
聞き手
金子賢治(当館館長)
日時
平成23年10月9日(日)午後1時30分から
会場
当館1階多目的ホール(聴講無料)
定員
150名(先着順)
※当日、午前9時30分より整理券を配付いたします。
電話・FAX等による事前予約はできませんのでご了承ください。

徳田八十吉茶会

日時
平成23年10月30日(日)時刻未定
参加費
500円
協力
徳田八十吉陶房
主催
茨城県陶芸美術館友の会
 
※詳しくはお問い合せください。

担当学芸員によるギャラリートーク

担当
飯田将吾学芸員
日時
平成23年11月3日(木・祝)午後1時30分から
場所
地階企画展示室
※参加には当日の観覧券が必要になります。

ミュージアムコンサート

出演
フルート カルテット ローザ
日時
平成23年11月13日(日)
1回目:午前11時〜 2回目:午後2時〜
会場
当館1階多目的ホール(参加無料)
定員
各回120名(先着順)
主催
茨城県陶芸美術館・(財)いばらき文化振興財団
 
※詳しくはお問い合せください。

交通案内

電車 JR常磐線で上野〜友部駅(特急70分)友部駅から「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分、常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。

交通案内図

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.