1. HOME >
  2. 展覧会案内 >
  3. 人間国宝と古陶‐対峙する眼と手

展覧会案内

人間国宝と古陶‐対峙する眼と手

会期:平成22年9月18日(土曜日)〜11月21日(日曜日)

あるコレクターの眼‐S氏コレクション 鈴木治の泥象・青白磁「芸術上価値が高く、芸術に資する技術として貴重であり又は工芸史上重要な位置を占めるもので、かつ地方的特色が顕著なもの(重要無形文化財指定基準第4項)」 ―当館では、開館以来、やきものの「技術」と「芸術」に注目し、重要無形文化財保持者―いわゆる「人間国宝」の作品の収集と紹介につとめてきました。

各地で古窯趾の発掘や研究が進み、多くの名品を目にすることができるようになった近代、日本の陶芸家たちは古陶磁と対峙しました。ある作家は産地に眠る古来の技術を「復興」することから、またある作家は、他産地の窯を巡るなかで「発見」した技術を、自らの制作の刺激剤とすることから,新たな表現を生み出しました。「人間国宝」たちは、それぞれの地方に伝わる技術をどのように継承し、またどのように新たな表現を生みだしてきたのでしょうか。

本展では、今年度新たに認定された加藤孝造(瀬戸黒)を含む陶芸分野の人間国宝34名の作品が勢ぞろいします。古陶磁と近代の名品を向かい合わせて展示し、人間国宝たちの技術のルーツと、新たな表現の展開を探ります。

期間 平成22年9月18日(土曜日)〜11月21日(日曜日)
主催 茨城県陶芸美術館
観覧料 一般700[550]円/高大生500[400]円/小中生[250]200円
※[ ]内は20名以上の団体料金。満70歳以上の方、障害者手帳・療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
二ツノ面ノ白イ泥像 黒いペガサス 泥象 一
「色絵三方割菊唐草文壺」肥前・有田窯
江戸時代(17世紀後期)
十四代柿右衛門蔵
十四代酒井田柿右衛門「濁手菊文花瓶」
平成14年
茨城県陶芸美術館蔵
「白地鉄絵魚藻文深鉢」
中国・金時代(12 〜 13 世紀)
個人蔵
風の十字路 寿盃 墨絵壺
石黒宗麿「白地黒絵魚文扁壺」
昭和15〜16年頃
東京国立近代美術館蔵
「三彩壺」唐時代(8世紀)
早稲田大学會津八一記念博物館蔵
加藤卓男「三彩花器爽容」
平成11年
茨城県陶芸美術館蔵
掌上泥象 三十八景ノ内 掌上泥象 海 二十種ノ内  
「色絵捻文丸文繋皿」肥前・古九谷様式
江戸時代前期(17 世紀)
愛知県陶磁資料館蔵
富本憲吉「色絵四弁花更紗模様六角飾筥」
昭和20年
奈良県立美術館蔵
 

美術講演会

講師
十四代酒井田柿右衛門氏(重要無形文化財「色絵磁器」保持者)
日時
平成22年10月17日(日曜日)午後1時30分から
会場
当館1階多目的ホール(聴講無料)
定員
150名(先着順・当日整理券を発行)

ワークショップのご案内

タイトル
「人間国宝の手わざをたどる―練上」 人間国宝・松井康成の練上の技に挑戦!
日時
平成22年10月9日(土曜日)
午前の部10時30分から/午後の部13時30分から
定員
各回20名
参加費
500円
タイトル
「人間国宝茶会」 人間国宝の茶碗で、お茶を一服。
日時
平成22年10月24日(日曜日)
午前11時から午後4時まで
参加費
呈茶券500円(先着80名)
主催
茨城県陶芸美術館友の会

ギャラリートーク

日時
平成22年10月3日(日曜日)午後1時30分から

交通案内

電車 JR常磐線で上野〜友部駅(特急70分) 友部駅から「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分 友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分、常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。

交通案内図

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.