1. HOME >
  2. 「人間国宝と古陶−対峙する眼と手」担当学芸員によるギャラリートークを開催

トピックス

開館10周年記念展「人間国宝と古陶−対峙する眼と手」担当学芸員によるギャラリートークを開催

掲載日:2010年8月28日

現在開催中の企画展「人間国宝と古陶−対峙する眼と手」の関連行事として、企画展担当学芸員の花井久穂によるギャラリートークを10月3日(日曜日)に開催しました。

約30人の参加者は、人間国宝の技法や作品にまつわるエピソードなどの解説に、熱心に耳を傾けていました。解説終了後も改めて作品をじっくり鑑賞し直す姿も多く見られました。

陶芸分野の人間国宝34名の作品が勢揃いの企画展「人間国宝と古陶−対峙する眼と手」は11月21日(日曜日)まで開催しています。皆様お誘い合わせのうえ、茨城県陶芸美術館にぜひお出かけください。

→展覧会「人間国宝と古陶−対峙する眼と手」展

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.