1. HOME >
  2. ワークショップ「練上技法に挑戦‐軽量粘土で練上作品をつくってみよう」

トピックス

ワークショップ「練上技法に挑戦‐軽量粘土で練上作品をつくってみよう」

掲載日:2013年6月11日

6月1日(土)、午前の部(10時から正午まで)と午後の部(午後1時30分から3時30分まで)の2回、当館地階オープンギャラリーにて、ワークショップ「練上技法に挑戦‐軽量粘土で練上作品をつくってみよう」を開催しました。

企画展「没後10年 人間国宝 松井康成展」の関連行事として開催した今回のワークショップでは、松井康成の「練上手」の代表的技法である「嘯裂、象裂」の作品を中心に展覧会を観覧し、その後、軽量粘土を使って技法の体験をしました。

◆学芸員による展示解説

◆ワークショップの様子

→展覧会案内「没後10年 人間国宝 松井康成展」

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.