1. HOME >
  2. 「没後25年 里中英人展」がはじまりました。

トピックス

「没後25年 里中英人展」がはじまりました。

3月18日(水)より、当館2階の第2展示室において、テーマ展「没後25周年 里中英人展」がはじまりました(会期は6月14日の日曜日まで)。
里中英人(1932-1989)は、戦後、前衛芸術が始まった時代に「炎で土を焼くこと」により、土という物質が変容することを鋭く意識した作品を発表した陶芸家です。愛知県に生まれ、東京で活躍しましたが、亡くなるまでの約8年間は、現在「笠間の家」として公開されている笠間市内の家で制作をしていました。
今回は当館の所蔵品により、里中の軌跡をたどります。皆様のご来館をお待ちしております。

没後25年 里中英人展
没後25年 里中英人展
没後25年 里中英人展
没後25年 里中英人展
没後25年 里中英人展

没後25年 里中英人展

 

 

 

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.