1. HOME >
  2. 抹茶で残暑を乗り切ろう。呈茶会「出展作家の茶碗で一服」のご案内

トピックス

学芸員によるおすすめ情報

抹茶で残暑を乗り切ろう。呈茶会「出展作家の茶碗で一服」のご案内

みなさんこんにちは。学芸員の飯田です。茨城県陶芸美術館では、8月19日(土)に企画展関連イベントとして、呈茶会「出展作家の茶碗で一服」を開催します。美術館の一角が席主の海老澤宗香さんによって、素敵なお茶の空間へと様変わりします。写真は前回の呈茶会の様子で、金属で作った蓮の花の飾りや、白布を水の流れに見立てるなど、季節を象徴するさまざまな趣向が施されています。こちらはいすに座ってお茶をいただく立礼というタイプのお茶席ですので、どなたでも気軽にご参加いただけます。
使用されるお茶碗は、日本陶芸展に出品中の新進気鋭の作家たちや、前田昭博などの人間国宝のお茶碗等をご用意しております。出品作家のお茶碗でお抹茶が頂ける、またとない機会です。
午前の会は、すでに満席になっておりますが、午後の会には、まだ空きがございます。皆様のご参加をお待ちしております。事前のご予約、内容のお問い合わせについては0296‐70‐0011まで。

前回(7月15日)のお茶会の様子
前回(7月15日)のお茶会の様子

 

 


過去のお知らせ

2017/08/08
日本陶芸展のセルフガイドを持って、展示室へ行こう
2017/07/27
夏休み小中学生向けワークショップ「写真を焼き付けてオリジナルのタイルをつくろう」のご案内

 

 

 

 

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.