1. HOME >
  2. 関東博物館協会 令和2年度第2回研究会 −講演「陶芸美術館の笠間焼振興」−

トピックス

関東博物館協会 令和2年度第2回研究会 −講演「陶芸美術館の笠間焼振興」−

11月5日(木)関東博物館協会の令和2年度第2回研究会が茨城県陶芸美術館で開かれ、金子賢治館長が「陶芸美術館の笠間焼振興」について講演しました。
金子館長からは、「笠間焼は、他に類を見ない程の多様性があり、300の窯があったら、作家の数だけ個性・特徴があるのが笠間焼である。」という話から、陶芸の現代史、戦後の陶芸、平成10年代様式、笠間焼の現代にいたるまで、スライド見ながら、笠間焼の振興について詳しくお話いただきました。

金子賢治 館長
金子賢治 館長
講演の様子
講演の様子

 

 

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345番地(笠間芸術の森公園内) TEL 0296-70-0011 FAX 0296-70-0012
Copyright (C) Ibaraki Ceramic Art Museum All rights reserved.