このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ展覧会令和4年度コレクション展> コレクション展Ⅱ 笠間焼250年記念・日本遺産認定記念 笠間と益子の作家たち

コレクション展Ⅱ 笠間焼250年記念・日本遺産認定記念 笠間と益子の作家たち

展覧会案内

コレクション展II_笠間焼250年記念・日本遺産認定記念_笠間と益子の作家たち

今回の展示では、笠間を中心とする茨城県の作家に一部益子の作家を加えてご紹介しています。作品の中でも注目したいのは、皿やカップといった日常生活の中で使ううつわです。一大消費地である首都圏に位置する笠間には、このような食器などを手がける作家が多く拠点を構え、個性的な作風は熱心なファンを生んでいます。しかしそれだけでなく、伝統工芸系の作家や造形的な作品を手がける作家たちの存在も見逃せません。彼らの高い技術力や卓越した発想は、公募展などで高い評価を受けています。
こうした伝統にとらわれず、思い思いの創作活動を展開できる自由さこそが、笠間のエネルギーの源になっているのです。

 
展示
会期 9月27日(火曜日)~令和5年2月5日(日曜日)
会場 茨城県陶芸美術館_1階第1展示室、1階ロビー、ミュージアムショップ前
開館時間 午前9時30分から午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館)、10月11日、12月29日~1月1日、1月10日、
主催 茨城県陶芸美術館
観覧料 一般320(260)円/70歳以上160(130)円/高大生260(210)円/小中生160(130)円
※(   )内は、20名以上の団体料金。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※土曜日は高校生以下無料。(ただし、長期休業日に当たるときを除く)
※11月13日(日曜日)は全ての方が無料。
※1月28日(土曜日)は70歳以上無料。
 

 

 

展示の様子

  • IMG_3825
    第1展示室入り口
  • IMG_3824
    第1展示室
  • IMG_3830ロビー展示
  • IMG_3831
    ミュージアムショップ前展示

同時開催企画展

  • 秋「笠間焼250年記念_欲しいがみつかる・うつわ展IIー笠間と益子ー」9月17日(土曜日)~12月11日(日曜日)
  • 冬「誕生150年記念_板谷波山の陶芸」令和5年1月2日(月曜日・祝)~2月26日(日曜日)
※同時開催中の企画展チケットにて、本展もご覧いただけます。

交通案内

交通
電車 JR常磐線で上野駅から友部駅(特急70分)友部駅から 「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分。友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分。
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分。
常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分。
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。
 
交通のご案内:周遊バスルートマップ

掲載日 令和4年9月27日 更新日 令和4年12月1日

カテゴリー