このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

展覧会

RSS

【1/2開幕】企画展「生誕150年記念_板谷波山の陶芸」

new
企画展
展覧会案内 会期:令和5年1月2日(月曜日)~2月26日(日曜日)板谷波山は明治5年(1872)に茨城県下館町(現・筑西市)に生まれました。東京美術学校(現・東京藝術大学 )で彫刻を学んだ波山は、戦前は帝室技芸員として活躍し、戦後は工芸家と...

【12/14開幕】テーマ展「カメラを手にした八木一夫」

new
テーマ展
展覧会案内 京都を拠点に活動した八木一夫 (1918~1979)は、1948 年に鈴木 治、山田光ら陶芸家の仲間たちと結 成した走泥社の中心的存在として、 用途を持たない「オブジェ焼き」の 制作によって戦後の日本陶芸の表 現領域を押し広げた...

企画展「笠間焼250年記念_欲しいがみつかる・うつわ展Ⅱー笠間と益子ー」

企画展
展覧会案内 会期:令和4年9月17日(土曜日)~12月11日(日曜日)本展覧会では、平成30年に開催した「欲しいがみつかる・うつわ展」の第2弾として、笠間(茨城)と益子(栃木)を拠点に活動する74名の作家の作品を紹介します。 笠間焼の歴史が...
は7日以内の情報です。 (期限有効情報 3 件)

コレクション展のご案内

「近現代日本陶芸の展開」をテーマとして、明治期から現在までの日本陶芸史を概観できるよう、近現代日本陶芸の歩みを語る上で欠かせない作家とその作品を当館の所蔵品を中心に紹介しています。板谷波山と松井康成については、特集展示コーナーを設け、紹介しています。
  • 板谷波山

    板谷波山コーナー

    下館市(現筑西市)出身で、近現代日本陶芸史に大きな足跡を残している文化勲章受章者板谷波山の葆光彩磁をはじめ格調高い作品を紹介します。
  • 松井康成

    松井康成コーナー

    笠間市で作陶し、「練上手」により重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された、松井康成の独創的技法による代表的作品を紹介します。

展覧会一覧

  • 企画展示室

    企画展

    陶芸を中心とする国内外の優れた工芸作品を鑑賞できるよう、幅広い視野で多彩な企画展を開催します。
  • 第2展示室

    テーマ展

    現在活躍中の陶芸家の作品を中心に様々なテーマを設け年3回の展示替えにより紹介します。
  • 第1展示室

    コレクション展

    近現代日本陶芸の歩みを語る上で欠かせない作家とその作品を当館の所蔵品を中心に紹介しています。
  • 県民ギャラリー

    県民ギャラリー展覧会

    幅広い創作活動の発表の場として、個人やグループに貸し出しています。