このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップイベント令和3年度> 企画展「笠間陶芸大賞展」関連催事

企画展「笠間陶芸大賞展」関連催事

【茨城県陶芸美術館を会場とする企画】

一部公募部門 入賞作家アーティストトーク「制作秘話を明かします」

アーティストトーク
日時 10月17日(日曜日)13:30から田中陽子氏、大石早矢香氏、稲葉周子氏
10月30日(土曜日)13:30~からアイザワリエ氏、中井波花氏、高橋朋子氏
場所 1階多目的ホール、地下1階企画展示室
参加費 無料(展示室の作品をご覧いただくため、別途観覧料が必要となります。)
予約 不要(開始時刻までに地下1階企画展示室前にお集まりください。)

二部指名コンペ部門 山野辺彩(準大賞作家)×額賀章夫(推薦委員)クロストーク

クロストーク
日時 10月31日(日曜日)13:30から
場所 2階県民ギャラリー
参加費 無料
予約 不要(開始時刻までに2階県民ギャラリーにお集まりください。)
 

二部指名コンペ部門 小野哲平(大賞作家)×笠間作家のクロストーク(YouTubeで公開)

大賞作家の小野哲平氏と笠間の作家(7名程度)がそれぞれ作品を持ち寄り、「なぜ、私はつくるのか」をテーマに語らう懇談会の様子を、当館youtubeにて公開します。12月初旬公開予定(公開時は当館SNSで告知します)。

クロストーク
日時 11月20日(土曜日)15:00から(予定)

 

 

【茨城県外での関連企画】

日本橋三越本店 会場:日本橋三越本店本館6階・美術工芸サロン

笠間陶芸大賞展 作家特集展示

  • 一部公募部門受賞作家作品特集
前期:10月20日(水曜日)から11月2日(火曜日)
後期:11月3日(水曜日)から11月16日(火曜日)
  • 二部指名コンペ部門受賞作家うつわ特集
11月3日(水曜日)~11月16日(火曜日)
 

関連トークショー

  • 二部審査員によるトークショー「生活のなかの器」 11月9日(火曜日)13:30から14:10

パネラー:新里明士氏、額賀章夫氏、広瀬一郎氏、松本武明氏、金子賢治(当館館長)

  • 一部受賞作家トークショー「受賞作家の喜びの声」 11月9日(火曜日)15:00から15:40

パネラー:田中陽子氏、アイザワリエ氏、大石早矢香氏、中井波花氏
※笠間陶芸大賞展関連行事のご入場は「Pass Market」による抽選となります。

くわしくはこちら

柿傳ギャラリー(東京都新宿区)

笠間陶芸大賞展 一部受賞作家特集展示

11月12日(金曜日)から11月18日(木曜日)

くわしくはこちら

茨城県アンテナショップ「IBARAKI sense」(東京都中央区銀座)

茨城県陶芸美術館長の金子賢治が推薦する茨城県内の作家の作品を「金子セレクションコーナー」として展示、販売します。

<前期> 10月1日(金曜日)から5日(火曜日)
阿部慎太朗、町田幸、新島佐知子
<後期> 10月15日(金曜日)から19日(火曜日)
鯨井円美、原田奈央、近藤文

くわしくはこちら
 

【茨城県内での関連企画】

オープンアトリエinかさま2021

笠間陶芸大賞展の会期中、笠間市内の陶芸作家のアトリエを期間限定で一般公開するオープン アトリエを実施しています。詳しくはQRコードから「かさまのまど」フェイスブックをご覧く ださい。

・一部公募部門受賞作家作品特集
前期:10月20日(水曜日)から11月2日(火曜日)
後期:11月3日(水曜日)から11月16日(火曜日)

くわしくはこちら

つくば美術館土曜講座「開館20周年記念事業 笠間陶芸大賞展の全貌」

土曜講座
日時 12月11日(土曜日)13:30から15:00
会場 茨城県つくば美術館
2階アルスホール
問い合わせ 詳しくは茨城県つくば美術館へお問い合わせください
TEL :029-856-3711
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今後の状況により予告なくイベント等を延期・中止する場合がございます。変更の場合には、当館ウェブサイトにてお知らせいたします。

関連ドキュメント

pdfイベント情報(pdf 2.22 MB)

交通案内

交通
電車 JR常磐線で上野駅から友部駅(特急70分)友部駅から 「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分。友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分。
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分。
常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分。
駐車場 笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。
交通のご案内:周遊バスルートマップ

掲載日 令和3年9月7日 更新日 令和3年10月1日
アクセス数