このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ展覧会令和5年度コレクション展> コレクション展Ⅱ・Ⅲ

コレクション展Ⅱ・Ⅲ

展示の様子

会期:令和5年10月25日(水曜日)~令和6年5月中旬(予定)

展覧会案内

 今回の展示は、6つのテーマ(1.近代日本陶芸史の代表作家、2.ガラス作品、3.西洋陶芸作品、4.日本遺産「かさましこ」(笠間と益子の作家)、5.郷土を代表する作家、6.オブジェの展開)で構成しています。

 そのひとつとして、2024年1月から企画展示室で開催する「グラスアート・ライジング  藤田、リトルトン、リベンスキーと世界の作家」にちなみ、ガラス工芸、西洋工芸にスポットを当て、当館が所蔵するガラス作品や西洋の作品を紹介しています。ガラス作家として初の文化勲章を受章した藤田喬平(1921-2004)をはじめ、松浦松夫(1944-)、石井康治(1946-1996)、藤田潤(1951-)、後閑博明(1959-)などのガラス作品やエミール・ガレ(1846-1904)、ルーシー・リー(1902-1995)の陶芸作品などを展示しています。

 近現代の陶芸作品を一望できる当館のコレクションの幅広い展開および、ガラス作品の展示をお楽しみください。

 

コレクション展II・III
会期 令和5年10月25日(水曜日)~令和6年5月中旬(予定)
会場 茨城県陶芸美術館1階  第1展示室

開館時間

午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日

毎週月曜日(ただし、祝日の場合は開館し翌平日)

年末年始休業日:令和5年12月29日(金曜日)~令和6年1月1日(月曜日)

主催

茨城県陶芸美術館

観覧料

一般320(260)円/満70歳以上160(130)円/高大生260(210)円/小中生160(130)円
※(  )内は、20名以上の団体料金。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方

 及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。

※土曜日は高校生以下無料(ただし、長期休業日を除く)。

※令和6年1月27日(土曜日)は満70歳以上の方は無料。

※11月13日(月・県民の日)は全ての方が無料。

※企画展会期中は、企画展観覧券にて、本展もご覧いただけます。

主な作品

  • 作品
    松井康成
    練上嘯裂茜手大壺「深山紅」 
    1981年
  • 作品
    板谷  波山
    葆光彩磁葡萄紋様花瓶
    1922年
  • 作品川崎 毅
    P6 郊外
    2019年
  •  
  • 作品
    羽石  修二
    窯変広口花器
    2019年
  • 作品
    藤田  喬平
    ヴェニス花瓶
    1996年
  • 作品加藤  委
    サンカクノココロ 2013
    2013年
  • 展示の様子展示の様子(ガラス作品)
  • 展示の様子展示の様子(西洋の作品)

話そう・聞こうの日

毎週土曜日を「話そう・聞こうの日」と題して、全展示室内にて作品についての会話を楽しみながら鑑賞することを推奨しております。ご来館なさったご家族やご友人と、作品について思ったことや考えたことを、楽しく会話しながら鑑賞していただけます。

同時開催企画展、テーマ展

  ※企画展会期中は、企画展観覧券にて、本展もご覧いただけます。

交通案内

交通
電車 JR常磐線で上野駅から友部駅(特急70分)友部駅から「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で15分。友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分。
北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分。
常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分。
駐車場

笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。

※会期中、芸術の森公園内でイベントがある場合は、駐車場が有料になります。展覧会をご覧いただく方で、返金対象の駐車場(公園内北、南、東駐車場に限る。)をご利用の場合は、美術館受付で返金いたします。

交通のご案内:周遊バスルートマップ

 

 


掲載日 令和5年10月25日 更新日 令和5年12月12日
アクセス数

カテゴリー